当協会は、人間尊重の基本理念に基づき、働き甲斐のある職場環境を作り、我が国産業並びに健全な社会の発展に寄与する為の事業活動を行います。

TOP  >  製造請負優良適正事業者認定制度/審査認定サービスのご案内

製造請負優良適正事業者認定制度/審査認定サービスのご案内

1.認定制度って何ですか?

「製造請負優良適正事業者認定制度」(以下、「認定制度」)は、製造請負・製造派遣等を業とする製造系人材サービス事業者の会員で構成される「一般社団法人 日本生産技能労務協会」が平成27年度厚生労働省委託事業として受託した事業です。

事業は委託費の交付を受け、運営母体となる第三者機関「製造請負事業改善推進協議会」が実施する制度となり、製造請負事業者の「本社」ならびに「発注者の事業所内」又は「製造請負事業者の自社工場内」を審査します。

審査内容は「請負」の業務遂行にあたって必要とされる事業体制やルール等を定め、基準を満たしている事業者かどうかの審査(請負活動の証憑書類等をチェック)を行い、適正かつ優良と判断された事業者を、「優良適正事業者」として認定するものです。

「製造請負優良適正事業者認定制度」の詳細は以下URLへ参照願います。※別ウインドウが開きます

製造請負事業改善推進協議会  http://www.js-gino.org/mhlw/

2.審査機関は?

認定制度を運営する製造請負事業改善推進協議会は、製造請負優良適正事業者の書類審査・現地審査を行う団体の一般公募・審査を行い、平成26年度に引き続き(一社)日本生産技能労務協会(審査認定事業部)が応募した結果、資格要件・機能を満たしたとして「指定審査機関」として指定されました。(指定審査機関:第201501号)

現地審査は指定審査機関の公式審査員(協議会主催の講習会修了者)が、機密保持に関する誓約を申請企業に対して行うことから開始し、経営者インタビュー、本社審査、請負事業所審査と数時間かけて進められます。審査は審査基準に則り、各委員の専門的な見地から客観的な資料を基に「有効性の確認」を行っていきます。

3.どのような審査項目?

審査内容は書類審査、現地審査および最終審査で、下記4要素について厳密に実施されます。
審査基準はこちら http://js-gino.org/mhlw/gj_checklist.pdf

経営方針経営方針等の周知、派遣と請負の区分基準関連(事業所の区画区分・請負料金の設定・契約の取り決め・発注者からの技術指導・事業所の管理)
ものづくり力活動組織の体制及び施策、ものづくり具現化(基本的かつ発展的な生産管理活動)、技能資格の把握、事業所責任者・工程管理等責任者の配置
ひとづくり力キャリアパスの明確化、「職業能力開発」の体制(予算・組織)・具現化施策・管理(仕組み)、能力評価の方法・適正配置
労働者保護労働保険・社会保険の適用(加入・説明)、雇用関係の確保(募集採用・雇用契約・定着促進)、個人情報の保護体制、労働安全衛生の取り組み、相談・苦情処理

4.公式認定マーク

公式認定マーク

<公式認定マーク>

ユーザー企業に「質の高い請負サービス」を提供でき、
同時に働く人に対して「質の高い雇用機会」を提供できる請負企業としての「良い仕事(Good Job)」の頭文字(GとJ)で表現しました。

請負事業者でご興味ある方、ご担当者の方の連絡先をお教え下さい。

▼皆様の企業情報をお教え願います。
※メール発信段階で審議決定・審査契約という意味ではありません
メールタイトル申請希望
送信内容・社名・担当者氏名・部署役職・連絡できる電話番号・個人メールアドレス
送信先ukenintei@jeans.ocn.ne.jp
▼指定審査機関
機関名一般社団法人 日本生産技能労務協会審査認定事業部(第201501号)
所在地〒105-0004 東京都港区新橋4-5-1 アーバン新橋ビル9F
担当者鈴木(すずき)、小島(こじま)
TEL03-6721-5995
FAX03-6721-5998