Information

協会の活動・お知らせ

UAゼンセンと労使メッセージを調印しました

 当協会は、UAゼンセン(松浦昭彦 会長)と12月2日(水)、「コロナ禍における派遣および有期雇用労働者の雇用の維持・確保」について労使メッセージを調印しました。

 当協会はこれまで日本労働組合総連合会(連合)と共同宣言を締結していますが、この度、産業別労働組合と初めて労使メッセージを調印しました。
 UAゼンセンは、繊維・衣料、食品、流通、派遣・業務請負など幅広い産業を対象とする日本最大の産業別労働組合です。

 新型コロナウイルス感染症が経済活動および国民生活に大きな影響を与えており、当協会は感染予防や雇用の維持・確保、事業の継続のために必要な情報を迅速に提供するほか、政府に対し支援措置の拡充等の要請を行ってきました。
 また、UAゼンセンも組合員や労働者の感染防止や雇用・労働条件の維持・確保について政府や関係省庁に要請を行ってきました。派遣労働者や有期雇用労働者の雇用の維持・確保や処遇の向上についての姿勢は両者共通しており、コロナ禍において、これまでの相互の取り組みを再確認し、今後、必要に応じて共同で取り組みを進めることといたしました。 

 当協会は、派遣および有期雇用労働者を組合員として組織するUAゼンセンと、今回の労使メッセージを機に連携を強化し、コロナ禍において適切に対応するとともに、製造系人材サービス業界等のさらなる発展に努めてまいります。

Copyright © Japan Production Skill Labor Association ALL Right Reserved.