海外FX「自動売買」でおすすめの海外FX口座

「自動売買」を検討している方におすすめできる海外FX口座を解説します。

「自動売買」で重視すべき海外FX業者を選ぶポイント

1.どのような自動売買を検討しているか?

海外FXで利用できる自動売買には、大きく分けて3種類があります。

  1. MT4・MT5(メタトレーダー)のEAなど、自分で取引ツールにストラテジーを組み込む「システムトレード」
  2. すでに用意されたストラテジーを選択する「選択型システムトレード」
  3. ストラテジープロバイダーのトレードをコピーする「コピートレード」

の3つです。

当然、サービス提供していない海外FX口座で、自動売買をすることはできませんので、利用したい自動売買のツール・手法に応じて、海外FX口座を選ぶ必要があります。

MT4・MT5(メタトレーダー)のEAなど、自分で取引ツールにストラテジーを組み込む「システムトレード」

MT4・MT5(メタトレーダー)やcTraderなど裁量取引に使うトレードプラットフォームの自動売買機能を使って行う自動売買のこと

を言います。

メリット
  • 裁量トレードと同じスプレッドでトレードできる
  • 多くの海外FX口座で利用できる自動売買手法
デメリット
  • EAなどのストラテジーは、自分で用意しなければならない(無料のものをダウンロードする、有料のものを購入する必要がある)
海外FX口座の選び方
多くの海外FX口座で「MT4・MT5(メタトレーダー)」は利用できるので、ツール面では、大きな差はなく、どの海外FX口座を選んでも大丈夫です。

より有利な自動売買を行うのであれば

  • スプレッドが狭い海外FX口座
  • 約定力が高い海外FX口座

を利用することで、取引回数が多くなるシステムトレードでの売買を有利に進めることができます。

また、自分でEAを探すことができない、EA利用にコストを賭けたくないという方には

  • あらかじめ複数種類のEAを用意してくれている海外FX口座を選ぶ

という方法もあります。

すでに用意されたストラテジーを選択する「選択型システムトレード」

すでに海外FX業者が用意してくれたストラテジーをブラウザ以上で選択することでトレードする自動売買のこと

を言います。

メリット
  • EAなどのストラテジーを探す手間がない
デメリット
  • 利用できる海外FX口座が少ない
  • 裁量トレードよりも高コスト(広いスプレッド、高い手数料)が設定されることが多い
海外FX口座の選び方
利用できる海外FX口座が少ないため、「選択型システムトレード」が利用できる海外FX口座を選ぶ必要があります。

ストラテジープロバイダーのトレードをコピーする「コピートレード」

ストラテジープロバイダーとして登録している投資家を選択することで、その投資家のトレードをそのままコピーすることで行う自動売買のこと

を言います。

メリット
  • システムではなく、人がトレードするため、時事ネタやニュースなどに対しても機能する
  • 運用成績を見ながら、コピーするストラテジープロバイダーを選ぶことができる
  • 成功報酬のため、利益が出ていない場合はストラテジープロバイダーに支払う運用報酬が発生しない
デメリット
  • 運用報酬が高い
海外FX口座の選び方
登録しているストラテジープロバイダーの数が多い海外FX業者を選ぶことをおすすめします。ストラテジープロバイダーの数が少ないと、選択肢が狭まってしまうため、できるだけ多くのストラテジープロバイダーが登録しているコピートレードプラットフォームを利用する必要があります。

「自動売買」でおすすめの海外FX口座

GEMFOREX/オールインワン口座

口座の種類オールインワン口座/STPノースプレッド口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.200.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.200.30
最大レバレッジ1000倍1000倍
約定力99.79%を0.78秒以内に約定99.79%を0.78秒以内に約定
最低入金額100円相当30万円相当

「自動売買」でおすすめの理由

  • EAが200種類以上無料で使い放題
  • スプレッドに自動売買に関するコストの上乗せなし
  • 入金ボーナス、口座開設ボーナスが手厚い
  • 無料VPSサービスあり
  • ミラートレード専用口座あり

MT4・MT5(メタトレーダー)を利用して自動売買をする投資家の方におすすめできるのはGEMFOREXです。GEMFOREXは、もともとEAの開発会社から発展した海外FX業者ということもあり、200種類以上のEAが無料で使い放題というサービスを提供しています。ミラートレード口座もスプレッド上乗せなしで利用できるため、EAによる自動売買をするのであれば、コストをかけずにお試しできるおすすめの海外FX業者です。

HotForex/HFコピー口座

口座の種類マイクロ口座/STPプレミアム口座/STPZERO口座/STPAUTO口座/STPHFCOPY口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.000.000.600.000.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.001.000.001.001.00
平均スプレッド
米ドル/円
1.701.700.201.701.70
最大レバレッジ1000倍500倍500倍500倍400倍
約定力
最低入金額500円相当1万円相当2万円相当2万円相当5万円相当

「自動売買」でおすすめの理由

  • ストラテジープロバイダーが圧倒的に多い
  • 使い勝手の良いコピートレードプラットフォーム
  • 運用成績などの情報が見やすい

HotForexは、世界展開している規模の大きい海外FX業者です。そのため、高度なトレードプラットフォームが多く用意されているのですが、その一つにHFコピーというコピートレードプラットフォームがあります。

コピートレードプラットフォームを選ぶ際に重要になるのは「ストラテジープロバイダーの多さ」ですが、1,000名ほどのストラテジープロバイダーが在籍し、過去の運用成績からストラテジープロバイダーを選んで、コピートレードができるので、選択肢が多く、勝てる可能性が高い海外FX業者と言えます。

FBS/FBS CopyTrade

口座の種類スタンダード口座/STP
取引手数料
(pips換算:片道)
0.00
最小スプレッド
米ドル/円
1.00
平均スプレッド
米ドル/円
2.00
最大レバレッジ3000倍
約定力95%以上のオーダーが0.4秒以内に執行
最低入金額1万円相当

「自動売買」でおすすめの理由

  • ストラテジープロバイダーが圧倒的に多い
  • 使い勝手の良いコピートレードプラットフォーム
  • 運用成績などの情報が見やすい
  • 口座開設ボーナスがある
  • アプリでトレード可能

FBSも、HotForex同様に、世界展開している規模の大きい海外FX業者です。そのため、高度なトレードプラットフォームが多く用意されているのですが、その一つにFBS CopyTradeというコピートレードプラットフォームがあります。

コピートレードプラットフォームを選ぶ際に重要になるのは「ストラテジープロバイダーの多さ」ですが、多くのストラテジープロバイダーが在籍し、過去の運用成績からストラテジープロバイダーを選んで、コピートレードができるので、選択肢が多く、勝てる可能性が高い海外FX業者と言えます。

HotForexとの違いは、ストラテジープロバイダーの数自体は劣るものの、FBS CopyTradeは、FBS CopyTrade専用の口座開設ボーナスがあり、かつアプリで簡単に利用できるため、使い勝手が良いコピートレードプラットフォームと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。