外国人材の活用支援

外国人材の活用支援

我が国では急速な人口減少・少子高齢化が進行しており、その時々の景気動向に関わらず、恒常的な人手不足が基調となり、製造請負・派遣業界においても人材確保が中長期的な課題となっています。
こうした中、会員企業では高齢者や女性の就業拡大に取り組むとともに、外国人材の活用に関する関心が高まっており、その受け入れ方法や受け入れに当たっての留意事項等の照会が寄せられているところです。

国においては、外国人技能実習制度に加え、外国人材の受入れを拡大するため、出入国管理法が改正されて新在留資格「特定技能1号、2号」が設けられ、2019年4月から施行されました。特定技能外国人を受け入れる産業分野として、電機・電子情報関連産業や産業機械製造業など14業種が認められています。

当協会では、以下の事業を実施し、会員企業の適正な外国人材の活用を支援しています。

情報の収集、提供
(1)特定技能に関する受入れの具体的な方法、実務における最新情報等について、行政や関係団体等に加え、経済産業省の「製造業特定技能外国人材受入れ協議・連絡会」に参加して積極的に情報収集を行い、会員企業へ提供。

(2)2019年5月に経済産業省の担当官を講師に招聘して、特定技能制度に関する講演会を開催するなどセミナーも適時に開催。
情報交換の促進
外国人材を積極的に活用したい会員企業の声に応えて、地区会員交流会等を活用し、外国人材に関する会員相互の情報交換を行う機会を提供。

Copyright © Japan Production Skill Labor Association ALL Right Reserved.